美肌・アンチエイジングの大敵!しみが出来てしまう原因3選

やっぱり大敵!紫外線

しみは1つでも出来てしまうと、一気に肌年齢が上がってしまいますよね。しみを作らない為には、どうしてしみが出来てしまうのか、知っておく事がとても大切です。しみが出来る原因は色々と挙げられますが、やっぱり大敵と言われているのが「紫外線」です。肌はダメージが加わると、細胞を守る為にメラニン色素を作り出します。紫外線のダメージは肌内部にまで届くので、浴び続けるとメラニン色素が大量に作られ結果、しみが出来やすくなるんです。紫外線が原因のしみを予防するには、日焼け止めや帽子などで、紫外線をシャットアウトしましょう。

スキンケアでしみが出来る!?

しみを作らないようにするには、毎日のスキンケアは必要不可欠ですよね。でも、スキンケアが原因でしみが出来てしまう事があるんです!しみの要因となるメラニン色素は、肌が刺激を受けると作られます。紫外線のように実際にダメージを感じないものだけでなく、肌の摩擦も刺激になってしまうんです。毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシ洗顔する、化粧水をコットンで必要以上にパッティングするといった、過剰なスキンケアを続けると摩擦からメラニン色素が作られ、しみが出来やすくなりますよ。スキンケアはあくまで、肌に刺激を与えないよう優しく行いましょう!

生活習慣も引き金になる

生活習慣が引き金になって、しみが出来るケースもあるので注意しましょう!例えば、タバコはニコチンによってしみが出来やすくなると言われています。忙しく睡眠不足が続くと、肌のターンオーバーの働きが低下して、メラニン色素の排出が滞ってしまいます。すると、肌細胞にメラニン色素が沈着し、しみが出来てしまうんです。このように、生活習慣の悪化や、タバコという嗜好品でしみが出来てしまうケースは少なくありません。美白ケアしてもしみが出来やすいという方は、生活習慣を見直してみましょう。

しみの対策を実行したいなら、紫外線から肌を守ることがポイントです。帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗る方法がおすすめです。