脱毛時の痛みがあることを考えて施術を受ける

レーザー脱毛の痛みについて

どうして医療用レザーによる脱毛は痛みがあるのでしょう?そしてやわらげる方法とは?医療レーザーは毛の黒い色に反応しますから、熱を発生させ毛根を破壊することによる脱毛効果を出してくれます。医療レーザー脱毛は、どこの部位でも痛みが一緒でなく、痛みが強いところ、そうでないところがあります。そして毛がふといところ、毛が多いところは痛みを強く感じやすく、太いところはそれだけレーザーによる熱がたくさん発生しますから、その分痛みを感じます。そして毛の太さに関係なく感覚が敏感なん所は痛みも強いです。

医療レーザーは調整が必要

医療レーザー脱毛は熱で毛根を焼く方法で、痛みを避けられませんが、なるべく軽減はできます。そしてどういった方法でおこなえばいいのでしょうか。医療レーザーは熱で毛根破壊しますから、どうしても痛みがあり、クリニックにより痛みに敏感な方のために麻酔を用意します。痛みに弱ければ、カウンセリング時、麻酔を使ってもらえるか確認しておきます。レーザー照射の機器により痛みを抑えることができます。その中でダイオードレーザーは肌の色に吸収されにくく、ダメージが少なく施術可能です。

肌の弱い方にお勧めは

普段はじかれたような痛みですが、ソプラノは光を当てる面が全体的に暑い感じがします。なので、痛みに鋭い方は、この機器を選択してみてもいいでしょう。痛みに耐えられなければ肌の感覚が敏感なところ、毛の太い所は避けてください。感覚が敏感な部位だけ、エステの光脱毛で施術する方法もあり、怪我太かったり、多く手痛いところも、脱毛回数が進んで毛が少なくなるにつれいたみが抑えられることもあります。バリア機能が弱くなった肌は、潤って健康的な肌に比べ、レーザーの痛みを感じやすかったりします。

医療脱毛はレーザー照射をすることで毛を抜ける仕組みになっています。毛の濃さにより照射する回数は変わります。